カードローン限度額の初回はいくら?

カードローンで最初に借りれる限度額というのは、一体いくらぐらいの金額なのか気になるところです。

カードローンでは「希望する金額」が借りれるのはもちろんですが、それ以上に多く融資限度額を設定してもらえたら嬉しいですよね。

では、「カードローンの初回限度額はどのようにして決まるのか」について今回は解説していきたいと思います。

 

カードローン限度額は初回は少額基準に!

カードローン限度額は初回は少額

カードローン会社のホームページを見ると、「最大500万円までの限度額」、「800万円まで融資可能」といったように記されています。

銀行カードローンであれば1000万円まで限度額が設定されているところもあり、決して珍しいことではありません。

ですが、カードローンの初回限度額でいきなり何百万円もの融資枠を設定されることは、まずありません。

カードローン会社が提示する最大限度額まで借りるには、「高年収」であり、「何年もカードローンを利用していて且つ実績を積んでいること」が必要です。

いくら年収が高くても、カードローンで最初に借りれる限度額は少なめと思ったほうが良いです。

御存知の通り、カードローンは担保も保証人も必要としません。

ということは、万が一債務者が返済不能になったとしても、カードローン会社は担保を売却したり保証人に催促するといった「回収の手立て」がありません。

 

このようなリスクがあるため、「いきなり初回から何百万円もの融資をする」ということは、まず考えられないのです。

万が一のことを考えリスクを最小限に抑えるため、初回のカードローン限度額は少額の融資に止めているのです。

初めは「信用が全く無い状態」からのスタートですので、借りれるカードローン限度額が少額になるのは、当然といえば当然のことなのかもしれません。

 

消費者金融の限度額は総量規制に注意!

消費者金融の限度額は総量規制に注意

初回限度額はカードローン会社の「審査基準と法律」によって決定されます。

仮にキャッシングの審査に通ったとしても、カードローン申込者の属性が悪い場合は、初回の限度額は大体10万円程度になるケースが多いようです。

逆に、カードローン申込者の属性が良ければ50万円まで限度額として設定されることもあり、更に属性が高いと100万円近くまで上限金額を設定してもらえる場合もあるようです。

 

ただし消費者金融のカードローンの場合、「総量規制」の関係上、カードローン限度額の上限が強制的に決まってしまいます。

いくら返済能力が高く、カードローン申込者の属性が良いとしても、年収の3分の1を超える借り入れは出来ません。

例えば、年収が300万円のカードローン申込者では、初回限度額は最高でも100万円までにしかならないのです。

 

しかし、銀行のカードローンというのは実は総量規制の対象外となるため、限度額に総量規制が影響を及ぼすことはありません。

そうなると、「銀行カードローンは総量規制の対象外だから、もっと借りれるのでは?」と思う人もいるでしょう。

確かに銀行カードローンのほうが最大限度額は高く設定されているケースが多いです。

しかし、銀行カードローンは保証会社が審査を行なっており、カードローン限度額の決定は保証会社によるところが大きいです。

 

そして、その保証会社を担うのは消費者金融であることが多いです。

つまり銀行カードローンであろうと、初回のカードローン限度額は大きく変わらないと思ってよいかもしれません。

むしろ銀行カードローンは低金利で融資するため、消費者金融よりも初回限度額は低くなる可能性もあります。

 

カードローン限度額は年収によって決まるのか?

カードローン限度額は年収によって決まる?

カードローン限度額は審査によって決められますが、年収によってカードローン限度額は変わってくるのでしょうか?

答えは「半分はYES」です。

まず、「年収が多い人」というのは収入が多いわけですから、年収が低い人よりも「返済できる可能性は高い」といえるでしょう。

 

例えば、同じ100万円を借りるでも「年収300万円の人」と「年収1000万円の人」とでは、収入に占める返済の負担が全然違います。

年収300万円の人は収入の3分の1を返済に回さなければいけませんが、1000万円の人は収入の10分の1程度で済みます。

しかも実際は利息も支払いますので、収入に対する返済の負担率は更に大きな差がでるといえます。

極端な例ではありますが、「年収が高いほうが高額な借り入れをしても返済できる可能性が高い」のです。

そのため、年収が低い人よりもカードローン限度額は多めに設定されやすいというわけです。

 

ただ、一概に「カードローン限度額は年収がすべて」というわけではありません。

例えば、「今年は年収が高かったけど、来年はガクッと年収が下がる」という人もたくさんいます。

そのため、高めのカードローン限度額で貸し付けてしまい、「年収が下がって返済ができなくなった」というパターンも考えられるからです。

 

ですので、カードローン限度額は年収が高ければ引き上げられるというわけではないのです。

むしろ、カードローン会社からすれば「年収が低くても、安定している職種に付いている」という人が一番の上客です。

ですので、仮に年収が低くてもカードローン限度額が高くなる人もいるわけなのです。

 

カードローン限度額のおおよその目安は?

カードローン限度額の目安

では、おおよそのカードローン限度額の目安はどれくらいなのでしょうか?

カードローン審査では様々な項目を点数化して評価を行ないます。

それにより、カードローンの初回限度額が決められるのです。

ただ、最終的には決済者が見て「人間の判断で限度額は決まる場合が多い」ようです。

限度額を決める上で大きな要素となるのが、上記でも述べた「年収」と「雇用形態や職種」です。

 

それを踏まえたうえでの「カードローン限度額の目安」としては、
・公務員は50万円
・大手企業の正社員も50万円
・一般企業の正社員ですと20万円~50万円
・自営業や会社経営者は10万円~90万円
・派遣社員は30万円前後
・アルバイト・パートは10万円~30万円

…となっている場合が多いようです。

大まかな限度額の目安ですが、アルバイトやパートの場合は、カードローン限度額は低いと思った方がよいでしょう。

 

雇用形態によって限度額の目安は変わる!

雇用形態によって限度額の目安は変わる

カードローンの限度額というのは「年収」だけでなく「雇用形態や職種」によって大きく変わった来ます。

そして、仮に「年収が同じ200万円の人」同士でも、正社員とパート・アルバイトでは「正社員の方が有利になるケース」が多いです。

と言うのも正社員のほうが辞める可能性が低いと判断されるためです。

限度額を決める審査では、「職業の安定性」から「返済能力がどれぐらいなのか」を判断します。

安定した職業であれば、やはりカードローン限度額も多くなる可能性が高いです。

 

例えば、公務員のような「倒産することがまず無い職業」ですと、審査での評価はかなり高いといえます。

やはり公務員は「収入が安定している」ことから、初回のカードローン限度額も多めに設定される傾向にあります。

一方で派遣社員やパート・アルバイトは収入の安定性という点では劣りますので、カードローン限度額も少なめに設定されることが多いです。

特に風俗やキャバクラなどのような水商売は、「高額収入が望める職業」ですが、離職率が異常に高いため評価は低くなりやすいようです。

 

ちなみに、専業主婦や日雇いアルバイトでも、カードローン会社によってはキャッシング可能なところもあります。

ですが、カードローン限度額は「10万円程度」が限界のようです。

「職場の規模」もカードローン限度額には少なからず影響します。

規模の大きな会社であれば「倒産の可能性が低い」と見なされ、限度額は高めに設定してもらえる可能性は高くなります。

ただ、これは「中小企業だと審査に通らない」ということはでありません。

ですが、利用限度額は「規模の大きい会社に勤務している人」のほうが高くなりやすいです。

 

勤続年数は長いほうが限度額は高い?

勤続年数は長いほうが限度額は高い?

カードローンの限度額は「職種や雇用形態」だけでなく、「どれだけ1つの職場で長く働いているのか?」ということも非常に重要視されます。

勤続年数は長いほうが「辞める可能性が低くなる」ので、カードローン審査も有利になります。

半年未満の勤務実績ですと、カードローンの限度額うんぬんよりも「審査に通るかどうかすら危うい」です。

できるだけ金属年収は長い方が、「限度額は引き上げられる傾向にある」と覚えておきましょう。

 

居住形態にも限度額は左右される!

居住形態にも限度額は左右される

カードローンの限度額は、上記以外にも「居住形態」により変わってくることがあります。

「どれぐらいの期間居住しているのか?」もチェックされますが、重要なのは「居住形態」のほうです。

当然、アパート・マンション・借家よりも「持ち家のほうが有利」となります。

その理由としては、持ち家は「資産価値」があるので、「家を手放して夜逃げする可能性が低い」と判断するからです。

 

それに万が一返済が滞っても連絡が取りやすいのは持ち家です。

カードローン会社が一番嫌う顧客は「本人との連絡がつかなくなる人」なのです。

貸したお金を回収できなければ、利益どころから損してしまいますから、当然ですよね。

 

以上、上記の様々な項目を総合的に判断し、カードローン限度額は決められることが多いです。

もちろん、カードローン会社によって限度額を決める基準は異なりますので、これが全てとは一概には言えません。

しかし、少なくとも上記で紹介した項目はカードローン限度額に影響をあたえることは間違いないでしょう。

是非とも参考にしていただければと思います。

 

他社カードローンで借りてると限度額は下がる!

他社カードローンで借りてると限度額は下がる

カードローン限度額を決めるのに返済能力は大きく影響すると説明しました。

そして他社借入金額もまた、カードローンの利用限度額を決めるのに大きく関わってくるものなのです。

例えば同じ年収300万円の人でも、「他社から50万円借りている状態で新たに50万円を借りる」場合と、「他社借入が全く無い人が50万円借りる」のとでは、収入に占める返済の負担が異なります。

他社借り入れがなければ「借りた50万円」に関してだけ返済していけばよいです。

しかし、他社借入がある人は合計で100万円の返済をしていかなければいけません。

どちらが無理なく返済できるのかは一目瞭然かと思います。

 

このようにカードローンに申込みした時点で、既に他社からお金を借りている状態ですと、カードローン限度額は低くなる可能性が非常に高いです。

借入額や件数にもよりますが、「そもそも審査に通らない可能性」もありますので、注意しておきたいところです。

また、カードローン審査で利用限度額に影響するのは、他社借入額や件数だけではなく、返済状況も大きく関わってきます。

他社借入があったとしても、毎回きちんと返済している場合、審査に通る可能性は高くなります。

もちろん、審査通過したとしても他社借入があるとカードローン限度額は低くなりますが。

 

逆に返済を遅滞しているとカードローン限度額が低くなるどころか「審査に通ることすら出来ない」かもしれません。

返済を一度でも遅滞すると評価は大きく下がりますので、注意しましょう。

 

カードローン限度額は増額して引き上げ可能!

カードローン限度額は増額して引き上げ可能

初回に設定されたカードローンの限度額は、「増額」して引き上げすることも可能です。

カードローンの契約した時点では「信用がゼロの状態」ですから、限度額はどうしても低めに設定されやすいです。

しかし、その後のカードローン利用実績によって、カードローンの限度額を増やすことも可能なのです。

 

カードローンというのは、年収が多いほうが限度額は高くなる傾向がありますが、いきなり自分の年収を増やすのはかなり無理な話といえます。

ですから、カードローン会社から信用できる、優良な顧客と思われることが重要です。

カードローン会社はお金を貸し付けて利息で利益を得ています。

つまりは「真面目に返済をしてくれる人」を優遇していると言えます。

 

期日を守って返済すると言うことは「約束を守れる人」、それはすなわち信頼できると言う証でもあります。

信用できる人であればお金を貸しても良いかもと思いますが、しょっちゅう約束を破るような人にはお金を貸そうとは思わないはずです。

カードローンも同じことが言えるのではないでしょうか?

その為にも、毎回必ず支払日を守って返済することは必須といえます。

 

事実、カードローン会社は増額審査の時、返済履歴はかなり重視していますから、今後カードローン限度額の増額を考えているのであれば、まじめに返済するようにしましょう。

返済を一度でも遅れてしまうと、カードローン限度額の増額はかなり難しくなりますので注意しましょう。

最悪の場合、借りれる限度額が減らされることもありますので、カードローンの増額は慎重に行いましょう